2010年04月28日

舛添氏、急転!新党旗揚げへ(スポーツ報知)

 執行部批判を続けていた自民党・舛添要一前厚労相(61)が21日、川崎市で行われた講演会の後、新党結成を宣言した。早ければ23日にも「舛添新党」を旗揚げする。各社の世論調査で「首相にふさわしい政治家」のトップに挙げられる舛添氏の決断は、今夏の参院選に向けた永田町の勢力図に大きな波紋を及ぼすことになりそうだ。

 不発かと思われた「舛添新党」が、やっとさく裂した。

 舛添氏は川崎市で行われた講演会終了後、記者団の取材に応じた。「党首は舛添さんで?」と問われると、即座に「当然、私が党首になるから『舛添新党』という話なのだと思います」ときっぱり。調整や手続きが残るため、13回も「正式に決まれば」と繰り返したが、週内にも離党届を提出し、早ければ23日にも「舛添新党」を正式に誕生させる。

 注目のメンバーについては明言を避けたが、関係者によると自民党と国会会派を組む改革クラブの渡辺秀央代表(75)、同幹事長の荒井広幸(51)、山内俊夫(63)各参院議員が合流する方向。さらに自民党の矢野哲朗前参院国対委員長(63)、離党届を提出済みの小池正勝参院議員(58)らも加わる見込みで、政党要件である現職国会議員5人は確保したもようだ。さらに舛添氏は「5人以上の方と話をして、ほとんどの方に賛同を得ている」と自信をのぞかせた。

 舛添氏は2月、党内に政策グループ「経済戦略研究会」を発足させ、「参院選で勝利することは今のままでは難しい」と執行部刷新を要求。一時は「選対本部長代理」のポストを提示されたが、「瞑想(めいそう)中」として谷垣禎一総裁からの連絡を拒絶したこともあった。

 新党結成をちらつかせる舛添氏に対し、党内からは不満が続出。「オオカミ中年」「離党すべき」との声が相次ぎ、行き場を失っていた。19日に福岡市内で行われた講演では「新党なんて全く関係ない。メディアが先走って『舛添新党不発』と書いている」と話していたが、自らの発言を覆す形で党を飛び出した。

 各種世論調査で「首相にふさわしい政治家」のトップに挙がる舛添氏。「政治とカネでこれだけ閉塞(へいそく)感があるのですから、清潔な政治を目指さないとイカン」とぶち上げ、「今のていたらくの鳩山政権を打倒する」と宣言したが、政局への影響は未知数だ。

 【関連記事】
舛添前厚労相、23日にも新党立ち上げ
舛添前厚労相を事情聴取!週明けにも自民執行部が実力行使
橋下府知事、舛添新党参加を否定「絶対にあり得ません」
舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出

<皇太子さま>平城宮跡に復元された大極殿を視察(毎日新聞)
パトカーに追われた車衝突、1人死亡3人重軽傷(読売新聞)
震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査−内閣府など(時事通信)
国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)
posted by 海釣りキャプテン at 10:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<向精神薬>譲渡容疑で被告を追送検 神奈川県警(毎日新聞)

 生活保護受給者から仕入れた向精神薬をインターネットで転売したとされる事件で、神奈川県警薬物銃器対策課と鶴見署は23日、同県横須賀市久比里、無職、大沢広一被告(41)=覚せい剤取締法違反罪などで起訴=を麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的譲渡、所持)容疑などで横浜地検に追送検した。

 送検容疑は09年11〜12月、向精神薬1000錠をインターネットで知り合った宇都宮市の男性会社員(37)ら5人に11万7000円で販売したなどとしている。向精神薬は、大阪市西成区あいりん地区の生活保護受給者が無料で入手したものを安価で買い取っていた。【松倉佑輔】

【関連ニュース】
向精神薬:生活保護受給者の処方薬ネット転売 男追送検へ
大麻栽培容疑:54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡
麻薬取締法違反:MDMA密輸で米海兵隊員を書類送検
中国:「麻薬預かっただけ」で死刑 運び屋は日本の困窮者
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き

4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に−阿久根市(時事通信)
秋田県産5トン、青森リンゴに市場で混入か(読売新聞)
歌舞伎座建て替えに介入許すな=暴力団排除協議会が発足−東京(時事通信)
大阪市議補選の内定候補者 橋下知事「アグレッシブ」(産経新聞)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
posted by 海釣りキャプテン at 19:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

古川祭の「起し太鼓」=岐阜県飛騨市〔地域〕(時事通信)

 400年以上の歴史を持つ岐阜県飛騨市の古川祭が19、20日の両日、同市内で開催された。
 屋台行列やみこし行列、そしてさらし姿の男たちによる「起し太鼓」からなるこの祭は、国の重要無形民俗文化財で、地域の春の訪れを告げる風物詩。
 19日午後9時すぎから日付の変わる夜中まで、さらし姿の男たちが、やぐらに大太鼓を乗せ、エネルギッシュに街中を練り歩き、訪れた観光客を喜ばせた。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕新開発の「甘とろ豚」発売=愛媛
〔地域の情報〕こちらのシャトルは現役続行=北九州市
〔地域の情報〕梅の花、花見席でもてなし=山形
〔地域の情報〕農商工連携でご当地ジンジャーエール=和歌山
〔地域の情報〕古き良き時代伝える「おっちゃんの宝物」刊行=和歌山

コンテナ回収作業を再開 山崎さん19日帰還へ(産経新聞)
被害届なしでも立件検討指示=踏み込んだ対応求める−DV相談で通達・警察庁(時事通信)
厚労省内事業仕分け、全健協など対象に―月内予定を発表(医療介護CBニュース)
安倍政権より支持急落=時事世論調査(時事通信)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
posted by 海釣りキャプテン at 09:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。