2010年02月04日

【訃報】佐々英達氏死去(医療介護CBニュース)

 佐々 英達氏(さっさ・ひでたつ=全日本病院協会名誉会長、外科医)2月3日午後2時、急性腎不全のため東京都内の病院で死去、70歳。東京都出身。葬儀などの日程は未定。

 1986-98年に佐々総合病院の3代目院長。その後、99年から2007年まで全日病の会長を務めた。この間、02年から05年まで中央社会保険医療協議会委員。


【関連記事】
四病協、保険者に未収金請求も
有資格者の人員基準緩和を主張―全日病など3団体が緊急要望―
臨床研修の医師引き上げ全体の4割に 参加割合は小規模病院ほど低く
診療報酬改定の影響を調査 ―四病協が中間まとめ―
「11年度改定も検討を」―全日病・賀詞交歓会で西澤会長

閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
町村会会長逮捕は遺憾=平野官房長官(時事通信)
太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識−公明(時事通信)
早朝の東海道新幹線、一時運転見合わせ(読売新聞)
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4−12月期決算(医療介護CBニュース)
posted by 海釣りキャプテン at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<山口大>2学部で不正経理1億円超 「預け金」の疑い(毎日新聞)

 山口大医学部と工学部(いずれも山口県宇部市)で発覚した不正経理が発覚し、大学が調査委員会を設けて調べていることが分かった。大学関係者によると、不適正な会計処理は総額約1億円を超え、両学部の教授ら教員十数人が関与した可能性があるという。国から交付された研究費を業者に預けてプールした疑いがあり、調査委は09年度内に結果をまとめ、文部科学省に報告する方針。

 同大によると不正経理は09年10月、広島国税局の指摘を受け12月に弁護士や教授による調査委員会を設置。手口は、研究費を受ける教授ら教員が業者に物品を架空・水増し発注し、代金を業者に支払い「預け金」として保管させたとみられる。

 同大の物品発注方法は、消耗品など50万円以下は教員が業者を選び、直接購入する。50万円超では契約担当職員が契約するという。【中尾祐児】

毎日新聞世論調査 小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)
<留学生>長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇−警察庁(時事通信)
「まんがランド」を家宅捜索 千葉県警(産経新聞)
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間−北海道・海保(時事通信)
posted by 海釣りキャプテン at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。